自営業が住宅ローン審査に通らない本当の理由とは

夢の私邸を建てるため自営業の住宅ローンを申し込んだけど

金融機関の審査で落ちた方は少なくないのです。

理由として考えられるのは以下のような方です。

まずは、年収が400万円未満である方は要注意です。

3年以上務めているか、健康は良好かも判断基準になっています。

今までに納金出来なかったデータが残っている方は、信用に欠ける人と判断されてしまい難しいでしょう。

これらに思い当たるふしがないという方は、もう一度カード会社に記録を確認するなど徹底しましょう。

何事もなく借入れをするためにきちんと調べておきましょう。

マイホーム購入がそろそろしたいと思ったときほとんどの人が住まいの融資に頼ると思います。

金融機関ならどの場所でも申し込みが可能なのでどうせなら評判が良い所を選びたいですよね。

その際、参考にしたいのが口コミサイトです。

サイト内は資金に関係する事柄だけでなく従業員の態度や店の雰囲気まで細かい所まで見ており、星の数でその良さを示している所もあるのでより良い契約にしたいと思っている方にとって大変貴重な良い参考になるかと思います。

念願のマイホームの購入をしたいが、高くて買えないそういう時は自営業の住宅ローンを中古の物件で検討しましょう。

ただ、これはしっかり調べて確認しておく必要があります。

一つは返済期間が新築の場合と比べて短くなってしまう点です。

一度使用してある物件のために耐久性が考慮され、出来るだけ早く返済をしなければならないのです。

安価な価格で購入できる利点もありますが、しっかり調べないと月々の負担が大きくなる可能性もあります。

またリフォームが必要な場合もあるので、その費用も合わせてどの程度お金が必要なのかを調べる必要があります。

将来、新しい家を購入して両親と同居を考えている方にこの場を借りて新しい自営業の住宅ローンについてご説明致します。

通常、ローンを組む場合には年齢が制限されているために年配の方であれば、普通は申請は出来ません。

ところが、親子が一体となって借入れする親子リレー返済なら、ある程度年齢に制限はありますが申込み可能です。

この仕組みは、二人で同時に返済していくのではなく申込みをした二人の年収を合わせ時間をずらして返済するのです。

これらの理由により普通のローンよりも借入れ期間が長いのです。

困った時はスタッフに相談してみても良いですね。

住宅購入の際に役立つものが自営業の住宅ローンです。

ローン申請は、銀行等で受け付けています。

ローン申請の際は、むこうから提示されるいろいろな資料を用意する必要があります。

やはり、最長35年という長い期間、大きな現金を貸すわけですから銀行側は、年収と勤続年数に1番こだわり審査をします。

なので、申込をすれば確実に通る。

という風な単純なものではありません。

不合格になってしまう人もたくさんです。

一般的な基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上これが最低クリアしなければいけないラインと言われています。

自分の家を建てたい!と思ったとき銀行などから申請できるマイホーム購入時の融資がとても頼りになります。

しかし、銀行や信用金庫は多数ありますから、どこのを選んでよいのか困惑してしまうケースも多いです。

選び方の一つの方法としては、自分が行きやすい近場のところを選んだり不動産屋にお任せしたり、ネットバンクなども受付可能です。

だけども、どの場合でも審査があり申し込めば通過するといった物ではありませんので、注意してください。

数年以内に住宅ローンを希望されている方は

融資を得る為に必要な経費とその他にも何が必要か調べましょう。

データでは、ローンの10分の1程度が手数料としてかかります。

金利だけで比較してみると安いと感じる銀行もありますが、実は事務手数料や保証料といった細かな金額を合わせてみたら、評判ほど安くならずに残念だったという方もいます。

それで手数料も合わせた総返済額がいくらになるのか、合わせていくらになるか総返済額を調べることから始めましょう。

具体的な例を挙げると保証料や繰上げ返済が無料の銀行は、その他の費用でかさむ場合もあるので注意しましょう。

自営業の住宅ローンを組んでいる方の中で借り換えをご検討中の方もいらっしゃるでしょう。

借り換えとは、他の金融機関の住宅ローンを組み直す事です。

借り換えをする事で、ローンの返済額が減ったりします。

ですが、借り換えは必ずしもメリットだけを生みだすものではありません。

理由は、借り換えにも多少の金額がかかるからです。

無料で借り換えが出来る銀行はほぼ0でしょう。

借り換えにはそういったケースも含め返済シュミレーションなどを利用し借り換えをした場合メリットがでるのかどうか、事前に調べると良いです。

将来、家族と一緒に住むためのマイホームを検討している方で自分の家族にお金を出してもらい返済していく方は、是非、贈与税というものを理解しておきましょう。

これは金額によって払うべき税金が決まっているもので、例えば年間110万円を超えたお金を貰った場合、およそ1割を税金として納めなければなりません。

ですのでそれよりも安い金額であれば申告する必要はありません。

この他にも受ける年齢や値段によって細かな規定があるので、出来るだけ手数料をかけずに返済していく方法を考えましょう。

今後必要になってくる税金や手数料も確認しておくと良いですね。

自営業の住宅ローンを申し込もうと思ったらまず、どこの金融機関にローン申し込みをするか決めます。

例をあげると、銀行や労金、ネットバンクなど多くの金融機関で自営業の住宅ローンを組めます。

申し込みをする所による住宅ローンの審査の違いは特別違った点はありませんが、ネットバンクは実店舗がないので、すべての取引をネット上で行う事になります。

店舗に行かなくて良い。

という点が非常に好評です。

店舗がないので色々な面で経費削減ができ、金利が低く設定できるのも特徴です。

ネットバンクは月の支払いを少なくしたい方や忙しい方に大変人気の住宅ローンです。

自分の家を購入するときの資金として、頼りになるのが自営業の住宅ローンです。

申請方法はとても簡単で近場にある銀行や信用金庫などからでも可能ですし忙しく人はインターネットバンキングというのも一つの手法です。

加えて、不動産屋と協力している銀行にする方法もありますので、都合に合わせて選べます。

申請後は審査があり、支払が始まった場合10年に渡って控除を受けられます。

その場合は、年末調整ではなく確定申告で申告しなければいけません。

万が一、住宅ローンを返済している時に失業した場合今後の返済はどうなってしまうのでしょうか。

何があるか分らないので、把握しておきましょう。

第一にやるべき事は、自分の今の状況把握です。

リストラされた原因が私にあるのか、それとも会社側の理由なのかその理由如何で支給される金額も大きく変わるからです。

きちんと手当てが支給されれば、1年間は保証されますのでその期間に再就職を考えながら残りを返済に充てる事も可能です。

注意すべきは一度の延滞でも強制的に破綻させれる事もあるので、優先順位を考えて行動するようにしましょう。