自営業住宅ローン審査の悪い期間を調べてみた

住宅ローン審査の状況確認

自営業の住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。

住宅ローンは最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、審査は大変厳しく行われます。

審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。

結果は電話か口頭で伝えられます。

残念ながら審査が通らないと、住宅ローンは組めません。

見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。

この契約の時には、銀行から指定された書類をすべて揃える他実印と諸費用も用意しておきます。

諸費用は借りる額によって人それぞれですが、事前に銀行側から指示されます。

一般的には、数十万~数百万単位の金額がかかるようです。

これから自営業の住宅ローンを組む予定のある方に、ボーナス払いを視野に入れる前に注意して頂きたい事があります。

思いも寄らない収入が入りそのまま返済できれば、毎月の返す金額が軽くなるというメリットもあります。

しかしながら、会社によっては特別収入が無いところも多々あり毎年金額が大きく左右する可能性も考えられます。

なので始めからボーナスも返済に入れている人の割合は、予想外に全体の40%程度しかいないのです。

もし不安な方は、まとまったお金が入った時に利用出来る銀行によって可能な任意返済も視野に入れてみましょう。

今から、借入れをしながらでも新しい家を購入したい方は完済するまでに何年で申し込むのか選択する必要があります。

通常は、25年か35年で申込みされる方が多いのですが現実のところ、期間いっぱいかかる方は少数のようです。

殆どの方が10年以内に返済することを目処にしています。

思わぬ臨時収入が入った場合に、まとめて返したい時は初期費用や設定にお金がかからない所を選択しましょう。

月収やお互いの状況もしっかり確認しながら、負担の少ない借入れが出来るように努めましょう。

直接、スタッフに相談して決めるというのもお勧めです。

将来、中古でも新築でも家を購入される場合は必ずと言ってよいほど火災保険への加入も勧められます。

ひと月で見積もってもかなりのお金がかかるのに、わざわざ保険にお金をかけるべきかという方も少なくありません。

ですが万が一、火災で家を失ってしまった場合、保険に加入しなかった場合、ローンはそのまま残り住む家がないのにローンを払い続けなければなりません。

何かあっても問題を解決できるように、申込みをしておけば融資する側もあなたも負担がかからない最善の方法です。

なので是非、申込みをされる事をお勧めします。

今後、自分の家を建てるために準備されている方で親戚や家族にお金をももらって支払いに充てていく方は、もしも贈与税が発生した場合に備えて確認しておきましょう。

この仕組みは、相続する金額によって税金がかかるもので例を挙げると年間で110万円を超えるお金をもらった場合、およそ1割を税金として納めなければなりません。

なのでそれ以下の金額であれば問題ありません。

65歳以上の親から2500万以下の援助であれば控除されるので支払いを上手に済ませるためにもこうした内容も確認しましょう。

これからかかってくる税金も合わせて調べておきましょう。

今、自営業の住宅ローンを返済中の方も将来組む予定のある方も誰でも聞くだけで10年後に得するかもしれない試さないと損をする節税の方法をお教えしたいと思います。

申込みをされた方は年間で約30万円の節約も可能なので、まだ申込みをされていない方は特に事前に確認しておきましょう。

申請可能となる方の条件として新築を建てた方、ないし、新築の住宅をお買い上げされた方が申請可能になります。

増改築をされた方は5年以上のローン期間が必要です。

今挙げたもの以外でも様々な決まりがあるので、しっかり確認して今より節約できるとこれからずっと楽になるでしょう。

住宅ローン審査は時間がかかる

人生で最も高い買い物といっても過言ではない、後悔しない住宅ローンを選ぶためにどうしましたか。

今後、借入れをしようと検索しながら調べているという方も借り換えを希望している方もまずは口コミを参考にしましょう。

近年、注目を集めているのは新生銀行なのをご存知ですか。

人気の秘訣は何といっても金利の安さにあるでしょう。

保証料や失病保障などの手数料もかからず、かつキャンペーン中に申し込むと特典が沢山あります。

ただし良い評判だけではないのはどこの銀行も同じです。

直接、店舗に行って話を聞いてみるとのいいですね。

これから住宅ローンを組む予定のある方は、手続きのために必要な諸費用を細かく調べておくと良いでしょう。

普通は、ローンの1割程度が必要経費としてかかってきます。

金利だけで比較してみると安いと感じる銀行もありますが、実は事務手数料や保証料といった細かな金額を合わせてみたら、さほど、安くなってなかったという事も十分あります。

それで手数料も合わせた総返済額がいくらになるのか、これらを総合的に計算してみる必要があります。

分りやすく言うと、金利の安い銀行や手数料が無料のところでは他の面で高くつく場合があるので注意が必要です。

マイホーム購入資金の調達として頼りになるのが住宅ローンだと思います。

申し込み方法はいたって簡単で近場にある金融機関で可能ですしネットバンキングでも良いでしょう。

また、不動産屋と提携している金融機関に任せる。

方法を取ることも出来るので、自分が良いと思う方法で資金調達ができます。

申し込み後、審査が通り、実際の支払に移行した場合約10年間にわたって控除を受けることが出来ます。

その場合は、年末調整ではなく支払いを開始した年の確定申告へ自分で行く必要があります。

何千万という高額な単位の自営業の住宅ローンなので、多少なりとも費用を安くしたいと思うのが当然です。

そこで今回は、安い価格でサービスも充実している知っていると得するお勧めの銀行をご案内します。

実は『イオン銀行』が今、最も注目されているのです。

こちらは、圧倒的な金利の安さで注目を集めており、加えて、提携先であるイオンでショッピングをすると登録している方だからこそ割引してもらえます。

ボーナスなどを利用した繰上げ返済時も手数料は無料です。

もし何か問題があった時の対応も調べておくと良いですね。

これから、マイホームを購入する予定のある方、費用にいくらかかり、全部でどれ位の期間が必要なのか詳しく知りたい方はシミュレーションをお勧めします。

年に何回かあるボーナス払いを利用するのかしないのか、借入れする金額から希望する内容を細かく設定できるので、大まかに住宅ローンの返済額を計算できるので大変役立ちます。

誰でも簡単にできるシステムなので使いやすく、人気商品をいくつか比べることも出来るので試してみて下さい。

ただ、これが明確な数字ではないので注意しましょう。

不安な点などあれば、直接確認しておきましょう。

最近では様々な自営業の住宅ローンの商品が出回っており、どのような商品が一番人気で負担も少ないのか分らなくて、これだと自信を持って言えないというのが現状です。

自分では決めかねるという方は、アドバイザーに相談した上でローンを組むという方法もありますが、有料のところが多いです。

これ以外にもこれからずっと支払いをしなければならないので、お金をかけてまで相談したくないという方が殆どです。

中には仲介になってくれる方がFPの資格を持っている事もあり、専門の方に無料で相談する事も出来るのです。

後悔しないためにも、いくつか調べておくと良いですね。